台灣で車やバイクを運転するには?

車

台湾で車やバイクを運転するのに必要な情報を載せています。

台中はバスも沢山走っていて交通の便はそこそこ良いですが、長く住むとやはり車やバイクに乗りたくなりますよね。

日本の免許の切り替え方や台灣での免許取得について注意点などをまとめてみました。

日本の免許を持っている方が台灣で運転する場合

台湾免許証への切替え

期間六か月以上の居留証を持っていれば日本の免許証を切り替える事ができます。
切り替えは、台灣に入国してから1年以内に申請する必要があるそうです。しかし、この条件は直近の入国からのようなので期間を過ぎた方は今の所、一度台灣から出て再入国すれば申請できるようです。

台湾の免許証は車用とバイク用に分かれています。両方運転するには車用、バイク用の二枚を申請する必要があります。

台湾でバイクを運転する予定の方はバイク用も申請した方が良いでしょう。日本の普通免許についている原付免許も今の所、バイクの免許として切り替えができるようです。
この免許証があると普通重型機車(白ナンバー)の免許取得の際、筆記試験が免除になるようです。
(条件は変更になる事もあるので事前に公的期間で確認してください)

申請は免許センター(監理處、監理站と呼ばれる機関)でできます。

■免許センターは「監理服務網」のページから探せます。
https://www.mvdis.gov.tw/m3-emv/news/office

翻訳文を取得して日本の免許証と共に携帯

旅行などの方は中国語翻訳文を申請して携帯する方法があります。しかし、場所(特に地方など)によっては日本の免許証と翻訳文を携帯すれば台灣で運転できる事を知らないレンタカー・バイク業者もいるようなので旅行などでレンタルする場合は事前に使用できるか確認しておいた方が良さそうです。

申請場所は、
日本で申請する場合は一般社団法人日本自動車連盟(JAF)。
台灣で申請する場合は交流協会台北または高雄事務所。
費用は台灣で申請する方が安いそうですが、旅行などの短期滞在の場合はあらかじめJAFで取得する方が便利でしょう。

■詳しくは「交流協会」のページを確認してみてください。
https://www.koryu.or.jp/consul/drivers/detail1/

台灣で免許を取得して運転する場合

教習所に通い車(小型車)の免許を取得する

駕訓班と呼ばれる教習所に通い取得する事ができます。

日本の教習所に比べて費用は8,000元〜13,500元と安いです。
〔追記〕2019年6月より費用が値上がりして10,000元〜16,000元になったようです。

現在(2019年1月)は筆記試験、場内試験、公道試験の3つの試験に合格する必要があります。
日本のように第1段階、第2段階と分かれてはおらず、3つの試験を同日に行う場合が多いようです。

通う期間は35〜40日くらいで時期により違うようです。

■駕訓班は「監理服務網」のページから探せます。
https://www.mvdis.gov.tw/m3-emv-mk3/driver/webDriverSchool

免許センター(監理處)でバイク(普通重型機車)の免許を取得する

普通重型機車(50cc以上〜250cc以下が運転可能)の免許は日本の原付と同じく1日で取得する事が可能です。違いは筆記試験に加え実技試験がある事です。

筆記試験については原付の免許(台湾の免許に書き換えていないとダメみたいですが)を持っている方は免除されるようです。また、日本語での受験も可能です。

監理處という機関へ行き申し込みをして用紙(機車駕駛執照登記書)を貰い指定の病院・クリニックで適正検査を受けて合格したのち試験を受ける事ができます。

ちなみに、普通輕型機車と言ういわゆる原付免許も取得できますが同様の試験なので250ccまで運転できる普通重型機車を選んで受けるのがおすすめです。

■免許センターは「監理服務網」のページから探せます。
https://www.mvdis.gov.tw/m3-emv/news/office

台灣の免許試験の状況

最近の大きな変化としては、2016年6月以降、全てのバイクの免許を取得するのに実技試験に合格する事が必要になりました。そのため、それ以降に台湾で車の免許を取得した方は原付は別に試験を受け合格しないと運転する事ができなくなりました。

また、2017年5月から全ての場所で公道での試験の実施が始まるなど、ここ数年で車もバイクも免許取得の試験の内容や条件などが厳しくなってきているようです。

そのため現在の内容は数ヶ月後には古い情報になっている可能性があります。台灣で免許を取得予定の方は事前に最新の情報確認してください。

細かい変更が多いようで、交通部や監理服務の公式サイトでもページによって更新されていない部分があるようです気をつけてください。

あわせて読みたい